無料ホームページ ブログ(blog)
四国ちろりん会ブログ前期大会
四国ちろりん会ブログ
鮎の 釣りクラブ 【 四国ちろりん会 】のブログです
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
前期大会
平成29年7月16日(日) 四国ちろりん会前期大会を仁淀川黒瀬にて開催しました。

四国ちろりん会としては、数年ぶりの仁淀川本流黒瀬での開催になりました。
情報によると、80匹 とか 3日で200匹とか 信じられないような釣果が聞こえてきます。

この「仁淀川アユ祭り」がいつまで続くか、そこが今回のポイント

P1070994.jpg
前入りのメンバー

参加者は20名 黒瀬を上流・下流に分け、おとり配布と同時にスタート、
10時のハーフタイムでエリア交代、

場所取りのため時間前に交代エリアに入っても良いが、竿は出してはいけない。
前半は水温が低いため厳しい事が予想されるが、後半は水温上昇と共に数が伸びてくると思われる。
この辺の戦略をいかに立てるかが、勝負の分かれ目になりそうな予感。

P1080014.jpg
P1080015.jpg
おとり配布と同時にスタート

おとりは前日入りしていた、工〇さんと加〇さん、〇村さんから買い求めた天然物 
ただし、サイズはまちまち、中には弱った個体もいるかも・・・・。
おとり選びもポイントの一つ

試合中の写真はありません。
以下は検量の写真です。
P1080023.jpg
P1080027.jpg
おとり配布と検量を写真で見るとほとんど変わらない絵になっちゃいました。

結果は10匹以上の方が9名 

優勝は 吉〇さん 18匹
P1080053.jpg
前半戦は、3匹しか釣れなかったものの、エリア交代15分前に下流の瀬肩へ移動し場所を確保。そこで13匹を掛けて優勝。
時間帯を読み、後半掛かると思われる場所への早めの移動、この辺の戦略がトーナメンター吉〇らしいところ。 


二位は、◯尾さん 16匹
P1080058.jpg
彼は、荒瀬が大好き。
オモリを付けて荒瀬の中を巧に泳がせます。


三位は、14匹で ◯辺さんと山◯さん。
プレーオフ 
〇辺さんは上流の瀬肩、山〇さんは下流のトロ場
開始5分程で、山〇さんに当たり、落ち着いて取り込み終了。
P1080064.jpg


後のインタビューで、なぜ 下流のトロ場に入ったのかと尋ねると、後半戦終了間際にその場所に入った時に反応がありまだ釣れると思ったとのこと。 
戦略がピタリと当たった

上位の皆さんは、しっかり戦略を立て、試合を行っていることが良く解った大会でした。
次回の開催は、9月17・18の軍団杯になります。 しっかり戦略を持って臨みましょう
P1080004.jpg
 
















スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved