無料ホームページ ブログ(blog)
四国ちろりん会ブログ事務局解らない事がある
四国ちろりん会ブログ
鮎の 釣りクラブ 【 四国ちろりん会 】のブログです
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
事務局解らない事がある
平成28年8月11日(木) 今日は山の日 山の仕事をしている事務局もお休みです。

前回解った事を実践して、鮎師は釣れても釣れなくても川へ行く。
今日の場所はここ 肱川 大川橋左岸
P1070497.jpg

下流 昨年と流れが変わってる。
P1070495.jpg

上流 
P1070496.jpg

おとりは五十崎の養殖場で一匹のみ購入 おとり缶は使わず、引き船に入れブクをセットし現場到着。


引き船と川の水温を比べると、温度差はあるが大丈夫と判断し、そのままつけ込む。

ポイントへ付き、おとりをセットして送り出すと 

力なく中層泳ぎ しまった 水合わせをしっかりすべきだった。
 
なにやってんだ でも

死んではいないのでオモリを付けて鼻を引かないように
やさしく やさしく 泳がせる。

今年の肱川は魚が多くいるので、5分程で一匹目 その後も順調に掛かり始める。

サイズも段々良くなってきた。

1時間程釣ったとき、良型がヒット 

しっかり溜めてていると、 フッ 軽くなった。

水中糸はフロロの03 ハナカン廻りは、1号ワンピース 切れるはずが無い。
不思議に思いながら仕掛けをたぐり寄せると、 

ハナカンも針も付いている。
どういうこと ????

掛かり鮎とおとり鮎が同時に逃げた。
こんな事ってあるの???


しかも
午後から小移動し、良型がヒット 

竿は溜めてなんぼじゃ しっかり溜めてると また フッ 軽くなった。

仕掛けを見ると またまた ハナカンも針も残っている。

一日に2回  

どうして同時にバレるの 
事務局解らなくなりました。

仕掛けはノーマル ハナカンから10cm程上にチビ玉を付けてました。

P1070498.jpg

頭の中を整理して少し考えてみます。











スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
スゴイ経験されましたね!

2匹共居なくなる! マジシャン!!
2016/08/12(金) 18:27:31 | URL | ハウンド #-[ 編集]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved