無料ホームページ ブログ(blog)
四国ちろりん会ブログ前期大会
四国ちろりん会ブログ
鮎の 釣りクラブ 【 四国ちろりん会 】のブログです
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
前期大会
 平成23年7月31日(日) 仁淀川黒瀬にて、平成23年度四国ちろりん会前期大会を開催しました。

 広島から中村さん簗瀬さん、紀州ちろりん会の和田さん、特別参加の有光さんミヤザワさんら、総勢34名、かつてない参加者数です。

 ルール
 ① 時間内に釣り上げたオトリを含む総尾数で順位を決定する。
 ② 試合時間はオトリ配布(7時30分頃)から12時までとする。
 ③ エリアを上流下流に分け、オトリ配布順の奇数が上流、偶数が下流に入り、10時にエリア交替を行う。
 ④ 上限下限エリアは歩いて行ける範囲とする。但し12時30分までに帰着すること。
 ⑤ 上位の者が同尾数の場合は早掛けにて決着を付ける。

ルール説明
dc080161.jpg

試合中の写真はありません。

検量の様子
dc080133.jpg

結果 
   トップは 田島裕志さん 27匹
   2位 有岡只祐さん、松尾健司さん 22匹

 有岡、松尾の2位を賭けた早掛けとなる。

 思いのポイントに立ち、仕掛けをセット、そして審判の近藤にOKのサインを送る。両者のサインを確認し、近藤がスタートのホイッスルを吹く。

 有岡が10秒でオトリをポイントへ入れる。続いて松尾も

 開始3分 
 
 松尾のメガトルクが大きくしなる。一歩二歩下がり、抜こうとした時メガトルクが跳ね上がる。

 バレた。

 再び逆バリを打ち、オトリを入れる。

 有岡は落ち着いている。 有岡有利と誰もが思ったとき

 再び松尾のメガトルクが大きくしなる。一歩二歩下がり、抜いた瞬間

 有岡の竿にもヒット 彼は秒速でキャッチする。

松尾のキャッチの瞬間 
dc080169.jpg

キャッチ直後の有岡  
dc080170.jpg


松尾のキャッチが数秒早かった。
近藤のホイッスルが鳴ってから6分のドラマ 四国ちろりん会18年の歴史に残る名勝負でした。



優勝 田島裕志さん 2位 松尾健司さん 3位 有岡只祐さん
dc080183.jpg

集合写真
dc080194.jpg
参加された皆さんお疲れ様でした。
商品を提供してくださった方々ありがとうございました。




 

 

 



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved