無料ホームページ ブログ(blog)
四国ちろりん会ブログスポニチ・アユ名人戦
四国ちろりん会ブログ
鮎の 釣りクラブ 【 四国ちろりん会 】のブログです
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポニチ・アユ名人戦
IMG_0105s.jpg

6月11日(土)和歌山県日高川龍神地区 日高川民宿→龍神村民体育館下流 9尾

 今日は第23回スポニチ アユ名人戦日高川龍神地区予選大会参加人数132名が参加15位までの決勝進出枠をめざし熱戦が展開された。
 龍神地区は天然遡上の汲み上げ放流と人工産の2種類が混じり汲み上げ放流物は型は小さく縄張り意識が弱く群れるアユも多いのに対して人工産は型も16cm~18cmほどあるが場所によっては数が少なくどちらを狙うかで勝敗が分かれるカギとなる。午前6時の受付けには大勢の選手が並ぶ、天候はあいにくの小雨そんな中参加人数を4つに割り代表者がエリア抽選を行い、4エリアに別れた私は釣友三人と共に前日下見したBエリア日高川民宿前に決まり午前8時のオトリ配布とともにスタート、前日にサオを出した下流に向け河原を走り予定していた場所をキープ出来、一安心しかし雨の勢いは激しくなりなかなか掛からず50分過ぎに1尾掛かり4尾まで掛かるが後が続かず先行者が釣った瀬にオモリを付けて3尾追加してオトリ込みの9尾でギリギリ予選通過、竹内君と私が決勝戦進出となる。予選トップは支流エリアで釣った小沢 剛選手の31尾がダントツの釣果。決勝戦は体育館前で行い私は最下流まで走り始めに2尾掛かるがその後、雨が激しくなり水位もまたたくまに増えてゴミは流れ出し濁りも入りオトリ込みの4尾で終了。同行の竹内君はオトリ込みの8尾で5位に入り7月に行われる長良川決勝大会の切符を手にした。また、優勝は小沢 剛選手の19尾の釣果は予選に引き続きダントツで参加者からため息がもれるほどだった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved