無料ホームページ ブログ(blog)
四国ちろりん会ブログダイワ鮎マスターズ
四国ちろりん会ブログ
鮎の 釣りクラブ 【 四国ちろりん会 】のブログです
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
ダイワ鮎マスターズ
 14日に高知県安田川にて行われたダイワ鮎マスターズ四国地区大会は参加者124名(当クラブからは17名が参加)にて開催された。
 大会エリアは上流間内橋から下流安田川橋まで当日は早朝より低く垂れ込めた雲に覆われ今にも降り出しそうな天候にレインウェアー着込む選手もいるなか河川状況は渇水・垢腐れ・釣荒れで悪条件が重なり厳しい状況が予想され前評判では大方の予想では上流エリアが広い事もあり上流が人気みたいな会話が着替えをしながら交わされ、いよいよオトリ配布時間になり整列さすがに、この時は緊張します。オトリ配布が始まり上流に向かう選手ばかりが目に付き下流に向かう選手はわずかです。なんとか釣り場を確保し釣り始めると、私の上下流ではぽつぽつと掛かり始めます。決定戦進出ボーダーラインは7尾で予選トップは「四国ちろりん会」西内さんの16尾、野町さん脇さんの14尾、と続き30名が決定(当クラブからは10名)にシード選手「四国ちろりん会」からは有岡さん、坂田さん、「岡山一流会」安田さん、「きわみ会」杉本さんを加えた34名にて焼山堰堤下流から新東西橋までの区間で行われ「四国ちろりん会」大崎さんの12尾をトップに、吉田さん9尾、坂田さん8尾、近藤さん7尾と続き4名がブロック大会進出を決めました。
 優勝した大崎さんは2年前に徳島県海部川で開催された同大会にても優勝され今回は2回目の優勝、すばらしい実力でポイントを見極める持ち主です。大崎さんおめでとうございました。
 残念ながら、有力候補の有岡さんをはじめ、多くの実力者が決定戦で姿を消し運の良し悪しが左右する大会の恐ろしさを痛感しました。
当日は参加されたクラブの方々お疲れさまでした。
ブロック大会進出をされた方々この勢いでぜひ次回もがんばって来てください。

※ 写真が掲載できずお許しください。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved