無料ホームページ ブログ(blog)
四国ちろりん会ブログ2011年07月
四国ちろりん会ブログ
鮎の 釣りクラブ 【 四国ちろりん会 】のブログです
201106<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201108
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
前期大会
 平成23年度 四国ちろりん会前期大会を、7月31日(日)仁淀川黒瀬にて行います。

 現在のところ、約30名が参加予定です。

 参加賞 賞品は、
dc071902_20110726231739.jpg

 仁淀川の水況ですが、このまま推移すれば最高の状態になると予想されます。
 ハイレベルな戦いになるでしょう。

スポンサーサイト
Cブロック大会
 平成23年7月24日(日) 鳥取県日野川にて、ダイワ鮎マスターズ 2011 Cブロック大会が開催されました。

 予選通過者

 吉田さん
dc072447.jpg

 坂田さん 二宮さん
dc072449.jpg

 決勝は2時間 13人中11人が伯耆橋下流で竿を出す。
dc072408.jpg

 男前3人 全国決勝大会の説明を受けています。
dc072427.jpg

 参加された皆さんお疲れ様でした。
 (株)グローブライドさん、日野川漁協さん、スタッフの皆さんお世話になりました。
 ありがとうございました。

 応援の方々もありがとうございました。

 決定戦の成績です。
dc072429_20110725061516.jpg

 優勝の岡林さんダントツ、しかも連覇。
 若手新時代の到来でしょう。

見ーつけた
 平成23年7月18日(月) 肱川にてメンバーを見つけちゃいました。

一人目 この方は小田川にいました。
メンバーからの電話情報によると、良型をたくさん釣ったようです。
dc071902_20110719164508.jpg

二人目 昨日は日野川にいたのでは? 
dc071909.jpg

三人目 玉口が白 もしかしてその竿はSP A90 
dc071911.jpg

四人目 2000匹達成 男  
dc071914_20110719164506.jpg

五人目 わたし(団四郎)
 14時30分からダム放水が始まり、あえなく撤収になりました。
 釣果は二匹です。







掛けたら連絡を
 四国ちろりん会会長からのお願いです。

 高知県下の河川にて、脂ヒレがカットされている鮎を掛けたおりには、会長の携帯へ連絡を入れるか、このブログまでコメントをお願いいたします。



 
肱川
 平成23年7月15日(金)

 早朝より肱川を見てきました。

 いつものサカナゲ橋より上流 (午前6時頃撮影)
dc071511.jpg


 大川橋より上流 
dc071514.jpg

 大川橋より下流
dc071513.jpg

魚はたくさん見えてるし、石の色はいいし、爆釣の予感がします。
サイズはちょっと小さいかな?


チャリティーイベント
 平成23年7月10日(日)

 ガマカツフィールドテスター有志の主催による、

 東日本大震災復興支援鮎釣りチャリティーイベント 仁淀川鮎釣り親睦大会が、仁淀川黒瀬にて行われました。
 参加費2000円のうち1000円が義援金となります。

 参加者は47名 

 試合時間は7時頃から11時30分まで。オトリを含む総尾数で順位を決定する。エリアは歩いて行けるところ。


 四国ちろりん会からは6名が参加しました。もちろん紀州ちろりん会の和田さんも参加しております。

 オトリ配布順を決めるくじ引き
 dc071001.jpg
 
 優勝  市川誠司さん 44匹
 2位  森本伸一さん 32匹
 3位  中平健正さん 26匹
 4位  谷本明夫さん 25匹
dc071018.jpg

 市川さんは上流の瀬肩 
 ここを動かず時速10匹ペースで掛けまくっておりました。
dc071007.jpg

 森本さんは泳いで渡って上流大岩のところ (写真は帰り)
dc071011.jpg

 ごめんなさい中平さんの写真がありません。

 参加された皆さんお疲れ様でした。
 スタッフのみなさんお世話になりました。
 商品を提供してくださった方々、釣具店の皆様、ありがとうございました。






2000匹達成
 四国ちろりん会には、信じられないペースで鮎を掛けまくっている二人組がいます。

 そのうちの一人から電話連絡がありました。

 7月5日現在 2,046匹 掛けているそうです。(もちろん一人の釣果です。)

 5月15日に物部川が解禁してから52日、四国西部の釣れている河川には必ずこの二人組がいます。

dc051668_20110706185443.jpg

dc051666_20110706185443.jpg

釣行回数も多いのですが、二人の腕も間違いないものがあります。

今後も続けて出かけるようですので、くれぐれも安全、それから健康に気をつけて、掛けまくって下さい。


シマノジャパンカップ
 平成23年7月3日(日) 降雨により延期となっていた 2011シマノジャパンカップ 鮎釣り選手権大会 四国大会が、仁淀川黒瀬を主会場に96名の参加のもと開催されました。

 今回の開催にあたり、本流が使えなかった場合の会場変更の段取り、放流量の操作等々、関係者・関係者以外の方々の相当の協力があったと聞いております。参加者の一人としてお礼申し上げます。

 競技説明の様子
dc070408_20110704192333.jpg

予選会場は黒瀬と柳瀬
ゼッケン1番から50番が黒瀬、51番から96番までが柳瀬
予選時間は3時間


予選開始早々の柳瀬 
dc070410.jpg

四国ちろりん会からの参加者は15名 

予選通過者は、
黒瀬 田村さん 近藤さん 中平さん 田邊さん 和田さん(紀州ちろりん会)
柳瀬 吉田さん

セミファイナル西日本大会の切符を手に入れたのは、
田村敬一郎さん3位
dc070447.jpg

近藤壽昭さん 5位 (早掛け)
dc070448.jpg

中平健正さん 6位 (早掛けのちジャンケン)
dc070444.jpg

セミファイナル西日本大会出場を決めた皆さん、
揖保川を攻略し、必ずや、
仁淀川全国大会に帰ってきて下さい。
dc070438.jpg

最後に、(株)シマノさん(特に四国営業所長)、スタッフの皆さん、仁淀川漁協の方々、関係者の皆さん大変お世話になりました。
ありがとうございました。









肱川
 梅雨は上がったものと勝手に決めておりました。

が 未だのようです。 ピンポイントで雨を降らせています。

肱川も順調に減水していましたが、7月1日17時現在 約20cm増水しております。

大川橋より上流を望む (7月1日 17時頃撮影)
dc070202.jpg

大川橋より下流を望む (  〃  ) 
dc070203.jpg

サカナゲ橋より上流を望む (  〃  )
dc070201.jpg

梅雨が明けるまで後数日でしょう。

その後は入れ掛かり 間違いなし






 
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。