無料ホームページ ブログ(blog)
四国ちろりん会ブログ2009年09月
四国ちろりん会ブログ
鮎の 釣りクラブ 【 四国ちろりん会 】のブログです
200908<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200910
前期大会
 平成21年9月27日(日) 仁淀川柳瀬を本部として、河川状況により延期となっていた四国ちろりん会前期大会を開催いたしました。

 参加者は有岡さんの友人で、横浜から参加の今井さん、公平さんを含めて23名です。

 試合型式は
① 参加者を4つのグループに分け、それぞれの試合会場でオトリを含む1時間30分の総釣果で順位を決定しポイント(P)を与える。
 (一位 10P、二位 8P、三位 6P、四位 4P、五位六位 2P)

② 4試合の総ポイントで優勝者を決定する。

③ 1回戦のグループ分けはくじ引きにて行う。2回戦以後は同順位者を一つのグループとする。

 という 鮎釣り仲間で言われている 「軍団方式」で行いました。

 本大会で特筆すべきは、優勝者には2010年報知オーナーカップ全国大会へのシード権が与えられるということです。 俄然気合いが入ります。

 dc092704.jpg
前夜祭の様子

明けて27日
dc092708.jpg
試合の説明を聞く参加者 午前7時頃


試合の写真はありません。

4試合全てを終わると17時近くになっていました。
dc092709.jpg
気になる試合結果

3位
横浜から参加の今井さん
1回戦 10P、 2回戦 2P、 3回戦 10P、 4回戦 8P、 計 30P 
dc092710.jpg

2位
坂田朋生さん
1回戦 7P、 2回戦 10P、 3回戦 8P、 4回戦 6P、 計 31P 
dc092713.jpg

優勝
吉田隆次さん
1回戦 10P、 2回戦 8P、 3回戦 10P、 4回戦 10P、 計 38P 
dc092718.jpg

dc092721.jpg
無事大会を終えて参加者全員集合

 参加された皆さんお疲れ様でした。

 そして今回サポートしていただいた、池内さん、横山さん、BBQの後片付けお昼の焼きそば等々大変お世話になりました。改めて御礼申し上げます。

 また、横浜から参加の今井さん公平さん無事帰り着きましたでしょうか?





スポンサーサイト
球磨川
シルバーウィークに球磨川へ遠征していた 冬はイノシシ狩りさんから画像が届きました。 

200909201728000.jpg
31cmありますね。おめでとう尺鮎ゲット
有言実行やりましたね。

仕掛けはどんなものを使ったのでしょうか?
四万十川
 平成21年9月19・20日(土・日) 四万十川へ行って参りました。
 おとりはもちろん 小野川(ここポイント)養子ちゃんと養一くん、水温が高く1匹では心もとないので2匹購入しました。

 本日のポイントはここ
dc092007.jpg
 川上おとりさんの上流

 8時釣り開始です。
 養子ちゃんに鼻カンをセットし下流へ入れて少しずつ引き上げます。おとりが反転し下流へ1m程下がりました。

そして再び上流へ泳ぎ始めた時  

グルン ギュイーーーン 

やった 出し掛かり
dc092006_20090921092616.jpg
小野川養子ちゃんが連れてきたイケメンの彼氏

 10時まで8匹 時速4匹、 16時まで 11匹 時速2匹弱、 計19匹でした。
dc092012.jpg
写真は11時頃までの釣果

明けて20日(日) 本日のポイントはここ
dc092023.jpg

8時釣り開始 昨日活かしておいた天然に鼻カンをセットし、スーーッと川を横切った時

ガツガツ ギュイーーーン 

やった 2日連続出し掛かり

しかし、その後は沈黙、17時まで粘りやっと10匹、寂しいものでした。

dc092029.jpg
本日最大27cm おとりは24cm

 四万十川の鮎はとてもパワフル 本瀬の向こうで掛かると寄せるのが大変、頭の中は真っ白 手前まで来てももう一度瀬の中へ突っ込む ハラハラドキドキ 取り込んだ時には ふうッ とため息を一つ

 2日間の総釣果29匹 数はとても満足いくものではありませんが、25cm以上も数匹混じり久しぶりに四万十川を堪能しました。



チームバトル
 平成21年9月12・13日(土・日) ダイワ鮎チームバトル2009 関西大会に参加して参りました。

 木村おとり店にておとりを購入し話を聞くと、大ちゃん前でいい人で一日20匹程釣れているが、今日は雨が降っているので厳しいだろうとのこと。また 先日の豪雨の後遺症により少しの雨でも濁りが入るため、終日釣りが出来ないかも知れないとこのと。

 午前中に大ちゃん前と住宅前を下見しましたが、雨のせいかとても厳しいものでした。

dc091404.jpg
大ちゃん前

dc091405.jpg
住宅前下流のトロ場

 漁協で昼食を取り話を聞くと、漁協より上流は豪雨により川相が変わっており、ほとんどの釣り人は南(下流)へ行っているとのこと。
それでも上流を見ておこうと移動し、与位ドライブインで車を停め川を見ると、

 えーーー 濁りが入っているではありませんか。

 そんなに雨が降ったとは思っていなかったので少し驚きです。

 おとり屋さんの言っていた事がやっと解りました。


 上流部では釣りにならず、再び下流へ移動です。少しは濁りの薄い山崎で竿を出すことにしましたが、ここも何時間釣りが出来るのか解りません。対岸の釣り人は帰り支度をしています。

 2時間程釣ってみましたがやはり厳しいものでした。

 明けて13日(日)下見も十分に出来ないまま本番を迎えました。(下見はいくらしても納得することはありませんが、今回はすこし少なすぎます。)

dc091407.jpg
開会式の様子

 競技規定は
 ① おとり配布と同時にスタート
 ② 車移動可能
 ③ エリアは揖保川漁協管轄区域全域
 ④ 12時30分納竿 13時までに帰着
 ⑤ おとりを含む3名の総尾数、チーム内の最大長寸でそれぞれ順位を決定

 当チームは昨日下見した住宅前へ入りましたが、総尾数は17匹とショボいものでした。
ただ、 1匹良型を掛けていますので大鮎の部に少しの望みを繋ぎます。

 検量を済ませ、地元の方に作って頂いたバチ汁と鮎の塩焼きをいただきました。バチ汁は初めてでしたが、そうめん入り豚汁といった感じのもので美味しくいただきました。ごちそうさまです。


 いよいよ表彰式です。参加チーム全てに商品がありますので、同尾数の場合はチームリーダーによるじゃんけんで順位を決定します。

下位から順に発表し、MC嬢が22位16匹と伝えます。

 我々は17匹ですので21位かと思っておりましたら、「17匹は2チームあります。」

 「四国ちろりん会チーム」 そして 「ちろりん会チーム」

 何と ちろりん会同士で順位を決める事となりました。

 結果 本部ちろりん会が21位 四国ちろりん会が20位と決定しましたが、

 来年はもう少し上位でじゃんけんをしたいと思います。

 一方 大鮎の方は、28.5cmあり「三番目にでかいの釣ったで賞」を頂きました。 

 参加された皆さんお疲れ様でした。
 ダイワ精工(株)さん 揖保川漁業協同組合さん 地元の方々お世話になりました。ありがとうございます。


 
 
 


フィッシングハヤシ杯
 平成21年9月6日(日) 高知市内の釣具店フィッシングハヤシ主催の鮎釣り大会が、仁淀川黒瀬において76名の参加のもと開催されました。

優勝は 
P1010026.jpg
田村さん

準優勝は
P1010027.jpg
西森(弟?)さん

三位
P1010028.jpg
田島さん
皆さんおめでとうございます。

また 当日は伊藤正弘名人による実釣講習会も開催されました。
P1010047.jpg
参加された皆さんお疲れ様でした。
フィッシングハヤシさんお世話になりました。ありがとうございます。


ダイワ鮎マスターズ
 平成21年8月29・30日(土・日)栃木県那珂川で開催されたダイワ鮎マスターズ全国決勝大会の写真が、応援に行っていた○町さん他から届きました。

dc090564.jpg
大会本部

dc090506.jpg
エリア別対戦表

dc0905140.jpg
全国から選ばれし16名の選手達

dc0905117.jpg
高知から出場の岡林氏(左)森本氏(右)

dc0905137.jpg
同上

dc0905130.jpg
優勝された瀬田氏 おめでとうございます。

dc090492.jpg
森本氏のベストショット

参加された皆さん、応援に行かれた方々お疲れ様でした。





漁協の取り組み
 平成21年9月5日(土)いつものように柳瀬の橋の上から下流へ向いて写真を撮ろうとしてビックリ 白波が立っているではありませんか。
dc090501.jpg

 そう言えば先日のペア鮎釣り大会のおりに、仁淀川漁協組合長が言っていたことを思い出しました。、「白波が立つ、アユがおどる川づくり」この事だったのですね。鮎は大石の廻りとか波気のあるところを好みますからその効果が期待できそうです。
dc090502.jpg
詳しくは仁淀川漁協のホームページに書かれております。

効果が実証されれば柳瀬だけでなくその他の釣り場へもお願い致します。
清流めぐり利き鮎会
 平成21年9月4日(金)高知県の老舗ホテル城西館にて、第12回清流めぐり利き鮎会が開催されました。
dc090410.jpg
 最初に3,119匹もの鮎を提供して下さった全国の鮎師の心意気に、高知県の釣り師として感謝申し上げます。
 今年はゲリラ的豪雨や台風の影響で河川数が揃わず大変苦労したようですが、48河川がエントリーし何とか開催にこぎ着けることが出来ました。

 利き鮎に先立ち、高知県内水面漁業センターの松浦さんから「そんな鮎にだまされて」と題して「川の虫」と言われるほどウジャウジャいた鮎が減ってきた理由と、それを復活させ、子や孫達に引き継ぐ為に今何をしなければならないかについて講演がありました。
dc090402.jpg

 いよいよ利き鮎です。
dc090412.jpg
投票用紙を片手に真剣に利き鮎する参加者

結果 グランプリは岐阜県の飛騨川水系 和良川に決定いたしました。 第5回でもグランプリに輝いており2度目となります。
おめでとうございます。

 また 今回遠くは岐阜県の長良川から白滝様(写真中央右側)
dc090436.jpg

 京都府の美山川から カンバヤシ様 (漢字が解らない為にカタカナで失礼します。)がお見えになっておりました。
dc090433.jpg


 両名は利き鮎の為に150匹以上もの魚を提供して頂いたそうでまことにありがとうございます。

 最後に利き鮎会開催にあたり魚を提供していただいた釣り師の皆さん、そして高知県友釣連盟の皆さんお疲れ様でした。




copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved