無料ホームページ ブログ(blog)
四国ちろりん会ブログ2009年01月
四国ちろりん会ブログ
鮎の 釣りクラブ 【 四国ちろりん会 】のブログです
200812<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200902
仁淀川上流
 仁淀川上流 御三戸

dc011207.jpg
 (平成21年1月12日撮影)

 西日本最高峰石鎚山に源を発した面河川と、三坂峠から流れている久万川は、ここ御三戸(みみど)で合流する。
 写真中央の大岩は「御三戸嶽」とか「軍艦岩」と言われている。また水面の反射光により一日に7回色を変えることから「七面鳥岩」とも言われている。

 アユは下流に大渡ダムがあることから100%放流ものである。
 面河川の特徴は、真夏でも水温が低いことと、水質がとてもいいということ。
 久万川は面河川と比べると若干水質は劣るが、鮎のサイズは一回り大きい。

 
スポンサーサイト
こんなん掛かりました。⑦
 石

dc122317.jpg

 場所 高知県仁淀川 黒瀬
 日時 1シーズンに数回
 
 掛かったと思い竿を立てるとそのまま流れに乗ります。
 生命反応は全くなく モワーーンとした感触のみです。
 サイズによりそのまま引き抜くもよし。 流れの緩いところへ導き入れてすくい込むもよし。

 仁淀川の石には、小さな穴が無数に空いているものが多くあります。この穴に掛け針が掛かったものですが、よくもこの小さな穴に掛かった物だと感心します。
安田川
 平成21年1月9日(金)安田川へ行って参りました
dc011009.jpg
 (ホタルの里河川公園より上流を望む)


 夏場は釣り師達で賑わっていた安田川ですが、水量もとても少なく寂しく感じました。

 そんな中 バーク前で見つけました。

dc011002.jpg
 
 一人の方が大きな網を石の横へセットし、もう一人の方が金属の棒で石をゴトゴト動かし、何かを捕っているようでした。

 何が捕れるのでしょうか。


 
謹賀新年
 明けましておめでとうございます。

 今年はどんな年になるのでしょうか。

 どんなニューモデルがラインナップされるのでしょうか。
 竿は感度良く腰がありそして軽く、ハリは鋭く、糸は細く丈夫に

 稚魚達は順調に成長しているのでしょうか。

 一匹でも多く釣り上げるべく、楽しみながら切磋琢磨致しましょう。

 今年もよろしくお願いいたします。

dc122321.jpg
 仁淀川鎌井田(平成20年12月20日撮影)


copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved