無料ホームページ ブログ(blog)
四国ちろりん会ブログ2008年12月
四国ちろりん会ブログ
鮎の 釣りクラブ 【 四国ちろりん会 】のブログです
200811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200901
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
平成20年 大つごもり
 平成20年も残すところあと僅かとなりました。
 当ブログをごらん頂きありがとうございます。

 来年もよろしくお願い致します。

dc122307.jpg
 仁淀川 柳瀬(平成20年12月20日撮影)
 8月頃から天然遡上が掛かり初め、終盤まで楽しむ事ができました。アユも多くいましたが、釣り人も多く、連日大盛況でした。
スポンサーサイト
海部川
dc121611.jpg

 平成20年12月15日(月) 海部川へ行ってきました。
 今年の海部川は友釣りについて、あまりいい話は聞こえてきませんでしたが、

 透明度は抜群 そして 嬉しい事がありました。

dc121613.jpg

 河口を開削しているではありませんか。
 アユの仔魚は誕生後数時間以内に海に出ないと死んでしまうと言われています。

 開削は誰が何の為に行ったのか解りませんが、アユの仔魚の流下を助けていることに違いありません。
来年へ向けて少し楽しみができました。



こんなん掛かりました。⑥
大ナマズ

大鯰1

場所 高知県四万十川 (旧西土佐村)
日時 平成15年9月27日

 17時頃 本日これまでと思いつつ、根掛かりしてオトリをなくしてもいいようにと養殖をセットして、早トロのようなところを泳がせていると、コツン と小さな当たり その後  ギギギ といった感触

 やばい 鉄筋を巻いた 竿をあおると 一気に下流へ走る 竿を何度ものされながら ついて走り流れの緩いところでやりとりを繰り返し  やっと魚が見えた

 黒っぽい やったウナギだ 

 再び 走られる。

 じっくり寄せて もう一度魚を見ると あれッ ヒゲがある?
 ウナギにヒゲ あったっけ

 あ~~~ ナマズじゃ

 大鯰3

タモ枠は36cm 
使用したラインは、釣具屋さんから試供品で貰った 0.15の金属ラインです。
竿をしまう時何度ものされたために固着しており、しまいにくかった事を覚えています。


   

 
 


copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。