無料ホームページ ブログ(blog)
四国ちろりん会ブログ2006年08月
四国ちろりん会ブログ
鮎の 釣りクラブ 【 四国ちろりん会 】のブログです
200607<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200609
掛かりだしたみたい!?
先日の台風10号による高水の後、28日に「四国ちろりん会」の田村さんが

越知町片岡で17cm~23cmを44尾。8時30分から17時の間の釣果。

30日、同釣り場にて13尾。15時から17時の釣果。

片岡では新アカが付き始めているとの事です。

今後は他のポイントもおもしろくなりそうです。

8月も早いもので明日を残し早くも9月になります。

残された鮎シーズンを多いに楽しみましょう。
スポンサーサイト
チームバトル 二連覇!!
 鳥取県日野川で27日、ダイワ鮎チームバトル2006中国地区大会が70チーム(1チーム3名一組)にて開催、「四国ちろりん会」からも4チームがエントリーして参りました。

20060829212457.jpg

当日は快晴に恵まれ発電所からの放水も無く水況は平水より低目といったところでしょうか??大会本部は「リバーサイド日野」に置かれエリアは上流は根妻鉄橋の上流から下流は日野高校前のカーブミラーまで。
チーム毎のオトリ配布も終わり競技説明ではマスターズではないので走らないでくださいとの注意があり6時45分ごろにスタート、競技開始は7時からの為上流に向かう選手はたまた下流に歩き出す選手、本部より下流エリアが広い関係か下流に向かう選手が多いように感じた。我がクラブ員も上流から下流に均等に分かれ入り川、11時の終了と同時に大会本部に選手が帰って来て検量が始まり「四国ちろりん会」も含め各チームの釣果が気がかりです。検量時間終了と同時に結果が張り出され

20060828092738.jpg
          団体戦上位3チーム

優勝  四国ちろりん会 Dチーム 52尾

準優勝 チームZ Bチーム      39尾

3位  四国ちろりん会 Aチーム  34尾

4位  チームZ     Aチーム   32尾

5位  TOMOKEN アバンギャルド    29尾

6位  チームロックオン        29尾

7位 四国ちろりん会 Bチーム   26尾

8位 楽釣会               25尾

9位 やすだ釣具  D         25尾

10位  TAF               25尾

11位 四国ちろりん会 Cチーム  22尾

12位 ちーむ河童           22尾

13位 流斬波 E            21尾

14位 OMOKEN エクストラ      21尾

15位 チーム日野川          21尾 

午後からは各チーム最多釣果者による個人戦が同じエリアを使い行なわれ「四国ちろりん会」からは次の選手が出場しました。

20060828095435.jpg

が個人戦では入賞は果たすことが出来ず

20060828095059.jpg
左から秋元選手 優勝小野山選手 3位福田選手
この選手の方々が個人戦を制しました。おめでとうございます!!

20060828095123.jpg
猛暑の中個人戦の参加者に声援を送るメンバー

20060829213403.jpg
個人戦4位に入った地元名手瀬田選手の華麗な取り込み!

20060828095527.jpg
    当日会場を盛り上げてくれたMC嬢

20060828100509.jpg
          競技委員長 服部様
最後になりましたが今回参加された選手のみなさん大変お疲れ様でした。また、競技委員長を務めていただいたダイワフィールドテスター服部 義正様始めダイワ精工福山営業所、日野川漁業組合、リバーサイド日野様、大変お世話になりました。ありがとうございました!!





















今日の仁淀川
20060824105434.jpg
         10時30分現在の水況

仁淀川11時現在水況は四国電力筏津ダムゲートからの放水は27トンで減少中、いの町水位1.57m薄い笹濁りアカは無しと言った所でしょうか!?

20060824105212.jpg

ただし、昨日本流の某場所にて3尾の釣果があっています。
今週末チャレンジしてみるのも面白いかもただし、ダムの放水は完全にストップせず水位の高い状態が続くと予想されますので入り川の際には十分ご注意して決し無理しないで楽しんでください。

20060824105341.jpg
写真中央の魚影が判りますか!?
岸の方では新アカが付き始めているみたいです。
お知らせ
8月20日(日)高知県仁淀川柳瀬で予定していました。

「四国ちろりん会」後期大会は台風10号の降雨による増水で

9月24日(日)に順延  させて戴きます。

ご迷惑をおかけ致しますが、よろしくお願いいたします。



シマノジャパンカップセミファイナル
8月19日(土)「ジャパンカップ鮎セミファイナル西日本大会」が鳥取県日野川にて開催されました。地区大会から勝ち上がった選手にシード選手招待選手を加えた49名が熱い戦いを繰り広げました。
20060820092741.jpg

「四国ちろりん会」からも4名の選手に加え高知から門脇さんも参戦してまいりました。
大会当日は台風10号の影響で早朝の受け付け時より強い風が吹き付け鮎釣りには厳しい状況ですがさすがここまでこられている方々は動じない感じです。
大会エリアは黒坂橋から船場橋下流間で4つのエリアを取り、1回戦、2回戦のポイントで上位4名の選手が全国大会に出場出来ます。
1回戦7:30~10:00
Aブロックは大崎さん、竹内さん
20060820092832.jpg

20060820092934.jpg

Bブロックは谷本さん
20060820092912.jpg
入れ掛かりの最中でもカメラに向けてサービスの余裕です。

Cブロックは吉田さん
20060820092950.jpg

Dブロックは門脇さん
20060820092817.jpg

各エリアを見て回りますが強風の影響でサオを持っているのがやっとの状況で鮎を掛けても取り込みで失敗する選手も見受けられます。また、今年は川に藻が大量に発生しており糸やオトリ、ハリにたくさん付きオトリをまともに泳がせれません。
20060820092758.jpg
         大本命の小澤剛選手
そんな状況の中、吉田さんただ1人同組の小澤剛選手を破り同尾数対の1位でしかも2回戦は1回戦と同じエリアになり期待が残ります。
2回戦10:00~13:30
Aブロック門脇さん
Cブロック吉田さん、竹内さん
Dブロック大崎さん、谷本さん
残された選手にも少しでも順位を上げてもらいたく2回戦の観戦が始まります。風の方も少しづつではありますが収まってきておりますが、1回戦で釣り荒れているため思うように釣果が出ず移動を繰り返す選手もいます。吉田さんも苦戦していますがなんとか巻き返えしてもらいたいものです。
いっぽう門脇さん、谷本さん、竹内さんは緊張が取れたのかポツリ、ポツリと掛けています。1回戦から安定した釣果の大崎さんは小沢選手と背中合わせで分流を釣りポロポロと釣果を伸ばすなか終了です。
20060820092652.jpg

優勝は上田選手、準優勝は猿渡選手、3位は浅利選手、4位は木俣選手が入り全国大会の出場権を獲得されました。
総合順位は大崎さんの11位をトップに門脇さん、谷本さん、竹内さん、吉田さんとなりました。
最後になりましたが選手の皆さん大変お疲れ様でした。また、大会運営を戴きましたシマノ釣具様ありがとうございました。

今回は選手の方々のサポートにトーナメントスタッフで参加しましたが、来年こそは必ず選手として参加したいものです・・・。















先週末の仁淀川
長かった梅雨が明け連日の猛暑続きで仁淀川も8時現在水位1.18mにまで落ち込み渇水気味。

今シーズンはず~~~っと高水続きだったのでこれだけ水位が低くなったのは今シーズン始めて

先週末の土日はどこの釣り場も最高の人手だったと思います。

仁淀川で一番人気の黒瀬なんか5日の土曜日には30人ぐらいの釣り人でごった返しておりました。

そんな状況でも良い人では半日で25尾ぐらいは掛けている方がおられました。

鮎釣りも「盛期真っ只中」です。

暑さ対策を十分にして楽しまれてください。
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved