無料ホームページ ブログ(blog)
四国ちろりん会ブログ2005年06月
四国ちろりん会ブログ
鮎の 釣りクラブ 【 四国ちろりん会 】のブログです
200505<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200507
スポニチ・アユ名人戦
6月26日(日)第23回スポニチ・アユ名人戦 高梁川予選が参加者80名にて開催、一回戦は上流・下流に別れて午前8時~11時までの3時間で各エリアの上位15名が決勝に選出(同尾数でも15名をジャンケンで確定)

DSCN3480s.jpg


二回戦は一回戦に使ったエリアを全て使って2時間での釣果にて上位15名を本選に選出。昨年の屈辱大会では無く正式な戦いでした。
(今回は大崎さんからの報告を掲載させていただきました。)


DSCN3471s.jpg


大崎さん決勝大会進出おめでとうございます。


DSCN3475s.jpg



6月17日(金) 静岡県狩野川で開催されたマスターズ倶楽部大会にて会員の徳島県海部郡在住の佐藤 司さんが12尾で準優勝されました。ブロック大会、頑張って来てください。

6月22日(水) 徳島県勝浦川で開催されたG杯鮎東四国予選にて会員の徳島県勝浦郡在住の坂田 朋生さんが準優勝されました。西日本大会頑張って来てください。

四国ちろりん会BBS!掲示板!!   




スポンサーサイト
伊藤 名人による鮎釣り講習会
IMG_0122s.jpg

6月26日(日) 高知県仁淀川 柳瀬

 ダイワ鮎マスターズ2連覇中のダイワ フィールドテスター伊藤 正弘名人による鮎釣り講習会が開催されました。当日はフィッシング ハヤシ杯 05トーナメント鮎 第1回予選 仁淀川大会も午前中に行われ伊藤さんにも参戦していただき楽しい大会となりました。

IMG_0112s.jpg
大会の受付風景

IMG_0113s.jpg
今からオトリをもらってスタート(今日も厳しそう?)

IMG_0116s.jpg
優勝はG杯鮎釣り選手権で2回優勝されている 西森 一廣名人

※ 準優勝の有岡 只祐さんの写真を今回掲載できませんでしたスミマセン。

IMG_0117s.jpg
3位は市川 誠司さん

IMG_0125s.jpg

 伊藤名人による実釣ではマンツーマンでの実釣講習もあり私もご指導いただきましたが、名人はまるで川の中が見えているかの様にたくさんの情報を得ながら釣られています(わずかの時間にも関わらず私では集中力が持ちません)次元が違いすぎます。さすが、全国大会で何度も優勝さいるだけのことはあります。次回より早速 実践です!!(伊藤さんご指導いただきありがとうございました。)

四国ちろりん会BBS!掲示板!!   


海部川釣行
20050625220121s.jpg

6月24日(金)~25日(土) 徳島県海部川 マスターズ下見

 一時間寝坊し、慌てて釣り道具を愛車に積み込み午前6時前に出発、8時半に北川オトリ店さんに到着。一年ぶりの再会で覚えてくれているか?不安だったが心配無用!早速お邪魔していつものコーヒーを頂きながら近況を伺っている所へ徳島の名手「佐藤さん」が現れ二倍の情報をもらいいざ出陣。ここ海部川も超~~渇水!(下流では瀬切れている)おまけに昨年とずいぶん川が変わっていて石がますます無くなっている。初日はオトリがなかなか替わらず昼過ぎにやっと替わって午後6時まで粘って8尾で終了。

 続いて二日目は予選開始時間に合わして午前7時より始め午後3時まで釣り17尾、前日より釣れてホッとする。今回はマスターズの下見のために
釣り場は 秘密!!
ハヤシ杯 04 トーナメント鮎決勝大会
朝のミーティングです。
dc062003s.jpg


さあ これからオトリをもらい試合開始!
dc062015s.jpg


予選本番 大苦戦中!!

dc062030s.jpg



表彰式
IMG_0101s.jpg

 昨年開催予定のフィッシング ハヤシ杯 04トーナメント鮎決勝大会が台風による大水で開催できずにいたために、今年に持ち越し本日、開催されました。

昨年の予選大会を勝ちあがった36名でゼッケンの奇数、偶数に別れ前半奇数組は上流・偶数組は下流二時間で上下流入れ替えポイント制にて各ブロック上位5名が午後からの決勝戦に進出できます。

今の仁淀川は養殖から天然に替えることが難しく(無理!)前半下流エリアで釣果があったのは1名だけ後の選手はボーズ(恐るべし仁淀川!!)

そんな状況でもさすがに高知県を代表する選手達、決勝戦で優勝した内山さん(メタコンポ0.05号)は16尾の釣果 準優勝の野町さん(ナイロン0.125号)は9尾脱帽です。3位の小畑さんは3尾また、同時に行われた敗者復活戦では竹内さん(Mステージ0.07号)が6尾で優勝し今年の決勝大会の権利を獲得しました。

この厳しい仁淀川を選んで頂いた主催者である『フィッシング ハヤシ』様に感謝すると共に参加された選手の皆様大変お疲れ様でした。

入賞された選手 左から野町さん、内山さん、小畠さん

今日の釣果
IMG_0130s.jpg

6月18日(土) 高知県仁淀川  柳瀬 8尾

 千種川で湖産の楽な釣りをした関係で仁淀川の難しいことオトリを替えることが出来ず昨日はボーズ、納得いかず再度リベンジ昨日の教訓を生かし今日はなんとかボーズを免れた。

オトリが替われば掛からないことが嘘のようです。養殖からいかにして天然に替えるか??
答えの解る人は“サオ頭”になれる。
 
伊藤 正弘名人来る!
IMG_0126.jpg


6月26日(日)高知県仁淀川柳瀬にて鮎友釣り講習会が(フィッシングハヤシ主催)開催されます。

講師はダイワ鮎マスターズ2連勝中のダイワ フィールドテスター伊藤 正弘氏によるオートマ釣法の極意についての解説、実釣やソリッドサオへの疑問や質問を直接伺うことが出来ます。トーナメンターの方はもちろん趣味でアユ釣りをされている方まで参加して頂けたら釣果アップまちがいなしの内容と確信しています。

くわしいお問合せ先はフィッシング ハヤシ
TEL 088-831-8888 
第36回報知アユ釣り選手権 オーナーカップ
20050616220012s.jpg

6月16日(木) 兵庫県千種川 3番エリア 6尾

「第36回報知アユ釣り選手権オーナーカップ千種川予選」参加人数135名 決勝進出者は9名さすがに受付けに集まる参加者の顔ぶれを見ていると久しぶりに緊張感を感じる。受付け後の競技説明の後に入線順位を決めるくじで、私は2番エリアの3番目での入線権利を引くが昨日2番エリアは道路から見えない釣り場があり確認出来てない。試合時間が2時間のために3番目であえて遠くに行くことも無いと思いオトリ配布場所の下流の瀬に入り8尾で予選敗退。2回戦には高知より参加の大崎さん・内山さん・西森さん・竹内さんが残り竹内さんの応援で4番エリアでの見学どこのポイントに立つのか興味があったがオトリ配布場所前の流芯に立ち(普通なら逆に立ちます)右岸岸(水深10cm以下のチャラ)を泳がし群れアユを狙い開始早々からコンスタントに掛け18尾で2位通過、2番エリアが当たった内山さんも3位で通過し今回、高知から2名が決勝大会の切符を手にした。竹内さんは先週のスポニチも全国を決めており飛ぶ鳥を落とす勢いを感じた。内山さん・竹内さんおめでとうございます!
誰もが「見落とす釣り難いポイント」で我慢して粘りすばらしいの一言!!
全国制覇が近くに見えてきた。

画像をクリックすると拡大します

 
千種川釣行
20050616220257s.jpg

6月15日(水) 兵庫県千種川 七草→播磨徳佐駅前 30尾

 今回もメンバーは違うもの三人で明日の報知アユ釣り選手オーナーカップ参加のために千種川入り途中で高知からのほかのメンバーと合流し最上流部でサオだす。上流部のため水質は綺麗ながらも冷水病が出ており掛かって来るアユの中には奇形の魚もいて、あらためてワクチンの早期実現を期待した。午後からは最下流に降りていき播磨徳佐駅前に入りここでは湖産アユが掛かり楽しい一日を過ごせた。
PS 石の色を見極める力が必要。
東レ将鱗杯鮎釣り選手権
20050616212118s.jpg

6月12日(日) 和歌山県日高川 長子橋下流 2尾

 「東レ将鱗杯あゆ釣り選手権」参加人数198名(シード選手含む)が参加し晴天の中、各50名が4ブロックに別れ迂回線にて1回戦7:00~9:30までの2時間半行われ2回戦を突破した11人での優勝戦は終始コンスタントに掛けた森岡 達也選手が9尾で昨年に引き続き2連覇し将鱗杯を手にした。
龍神引き釣り 迂回線泳がせ 頭の切り替えが対応できず撃沈!
スポニチ・アユ名人戦
IMG_0105s.jpg

6月11日(土)和歌山県日高川龍神地区 日高川民宿→龍神村民体育館下流 9尾

 今日は第23回スポニチ アユ名人戦日高川龍神地区予選大会参加人数132名が参加15位までの決勝進出枠をめざし熱戦が展開された。
 龍神地区は天然遡上の汲み上げ放流と人工産の2種類が混じり汲み上げ放流物は型は小さく縄張り意識が弱く群れるアユも多いのに対して人工産は型も16cm~18cmほどあるが場所によっては数が少なくどちらを狙うかで勝敗が分かれるカギとなる。午前6時の受付けには大勢の選手が並ぶ、天候はあいにくの小雨そんな中参加人数を4つに割り代表者がエリア抽選を行い、4エリアに別れた私は釣友三人と共に前日下見したBエリア日高川民宿前に決まり午前8時のオトリ配布とともにスタート、前日にサオを出した下流に向け河原を走り予定していた場所をキープ出来、一安心しかし雨の勢いは激しくなりなかなか掛からず50分過ぎに1尾掛かり4尾まで掛かるが後が続かず先行者が釣った瀬にオモリを付けて3尾追加してオトリ込みの9尾でギリギリ予選通過、竹内君と私が決勝戦進出となる。予選トップは支流エリアで釣った小沢 剛選手の31尾がダントツの釣果。決勝戦は体育館前で行い私は最下流まで走り始めに2尾掛かるがその後、雨が激しくなり水位もまたたくまに増えてゴミは流れ出し濁りも入りオトリ込みの4尾で終了。同行の竹内君はオトリ込みの8尾で5位に入り7月に行われる長良川決勝大会の切符を手にした。また、優勝は小沢 剛選手の19尾の釣果は予選に引き続きダントツで参加者からため息がもれるほどだった。
和歌山港の夜明け
IMG_0102s.jpg

6月10日(金)和歌山県日高川龍神 龍神役場前→日高川民宿前→宮代キャンプ場上流 8尾

 今回は10日(土)スポニチ アユ 名人戦日高川龍神地区予選、翌日11日(日)東レ将鱗杯あゆ釣り選手権出場するため、高知より釣友三人と日高川遠征、龍神でお世話になる松阪食堂に向け日高川上流を目指し車を走らす。ご主人に大会会場予定場所の案内を上流より丁寧に解説をして頂きながら一通り周る。和歌山も高知と同じく渇水で水が少なく橋の上から見るのにどこともアユは確認できた。ただし一週間前まではあまり見えなかったそうで掛かるかもと期待しつつ龍神役場前より入り川し上流向け釣り上がるが流芯は垢腐れできつい瀬以外はダメ!!掛かるポイントは両脇かくるぶしから下のチャラチャラのみしかも場所ムラが激しく明日のくじ運が左右されそうに思いつつ松阪食堂にて香り高いアユの塩焼きを頂きながら作戦会議の後、明日に備え早々と床につく。
きれいな鮎
05060106.P6010089s.jpg

6月5日(日)
高知県仁淀川

野町さん  黒瀬→柳瀬→勝賀瀬  22尾

釣れない仁淀川で立派な釣果です。
腕あげた!?
高知県友釣連盟個人戦in安田川
IMG_0185s.jpg

6月5日(日) 高知県安田川 新東西橋→漁協前 20尾

 連盟個人戦に参加すべく今日も安田川へ、昨日の雨が気になり真っ先に川をチェックやはり水位が増えており(30cm増)若干ではあるが濁り気味、本日は参加者45名で(四国ちろりん会からは9名)安田川漁協前の河原を本部に置き予選は漁協下流の堰堤をセンターに上下流でゼッケンの奇数、偶数に別れ8時から12時まで途中10時に上下流入れ替えで各ブロック上位10名が午後からの決勝戦に進出できます。私は奇数だったので前半戦は下流エリアからのスタートであるが、出遅れ最下流の土佐くろしお鉄道下流の瀬に入り11尾で前半戦を折り返す。前半上流を釣った選手の情報では釣れていないとのことで前日釣れたバーク前は断念、試合時間が後半戦は少なくなっていたので遠くの釣り場は諦め本部前でサオを出し6尾なんとか予選を通過して午後からの決勝戦は四国ちろりん会からは7名の選手が残り、私はオトリ配布前のトロ場に入りすぐに掛かるが途中で掛かりが止まり後半戦に釣った上流に移動し3尾を追加して試合終了。検量の結果5位タイで終わりました。
 最後になりましたが、このような大会を企画運営して頂いた役員の方々に感謝いたしますと同時に参加して頂いた選手の皆様お疲れ様でした。

優勝 三浦さん15尾  準優勝 北村さん13尾  3位 竹内さん 13尾
安田川釣行
IMG_0180s.jpg

6月4日(土) 高知県安田川 日浦橋→ホタル公園→バーク前 12尾

 今年はじめての清流安田川釣行、ここの鮎は高知県友釣連盟の利き鮎会で日本一に2度輝き、美味なる鮎が生育する川として知られ毎年多くの釣人が訪れます。下流から川沿いに走ると超渇水で主だったポントには既に釣人の姿があり人の多さに感心(仁淀川は少ないのに)今回の同行者はクラブのメンバーでもあるR・Yさん、S・Tさんの三人で日浦橋下流から始め大石周り(解禁直後のポント)のある瀬でサオを出すが2尾のみS・Tさん小石底の波立ちを釣り大きくリードこれではいけないと思い私も同じようなポイントを見つけ釣り2尾追加、正午からは安田三平さんも加わりホタル公園へ移動して始めるが掛かって来るのはゴリばかりすぐに退散、次なるはバーク前にて仕切り直し上流と同じようなポイントで6尾釣ったころ突然雷が鳴り出し時間雨量にして70ミリぐらいの物凄い雨になり本日は終了(雷には注意してください。)
釣果情報
IMG_0156s.jpg


6月1日
仁淀川 柳瀬
匿名さん 10cm~22cm 38尾

仁淀川 黒瀬
大原氏 18cm~23cm 13尾

6月2日
仁淀川 三谷の瀬
K・Tさん 型は小さめ 32尾(鮎はよく見えている)

期待はずれの雨
IMG_0159s.jpg

 昨夜から降り出した雨も期待はずれ仁淀川の水位は変化なし、県内の河川では一雨欲しい状態。
解禁速報!!
20050601205222s.jpg

高知県
四万十川 三島
S氏 15cm~20cm 10尾(午前10時迄の釣果、渇水で釣り人が多い)

仁淀川 黒瀬
竹内氏 13cm~20cm 27尾(午前11時30分迄の釣果)
仁淀川 越知周辺
下元氏 15cm~21cm 13尾(昼迄の釣果)

伊尾木川 有ノ木周辺
小松氏 15cm~21cm 45尾(場所ムラが激しい、冷水病が出ている)

安田川 焼山堰堤周辺
安田三平氏 20cm前後 10尾(昼2時間の釣果・渇水で釣り人が多い)


徳島県
海部川 桑原
坂田氏 12cm~19cm 53尾(人工産)


愛媛県
肱川(本流)
泉氏 15cm前後 20尾(鮎はたくさん見えている) 
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved