無料ホームページ ブログ(blog)
四国ちろりん会ブログ管理者釣行記
四国ちろりん会ブログ
鮎の 釣りクラブ 【 四国ちろりん会 】のブログです
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
My 解禁
平成29年6月3日 (土) 昨晩の、アルコールのせいで遅めの出発

肱川をパトロール

一人目
DSC01455.jpg

釣果はというと
夕方に合い、聞きましたが、本人ちょっと不満足。


二人目
DSC01456.jpg

この方 数日前から来ております。

おとりを頂き事務局 

本日が解禁 

昼までで 13匹  サイズは17cmまで 
やっとおとりに使えるサイズもたくさん混じります。

おとりをくれた方は、昼までに30匹 4日の大会に参加するため午前中で帰られました。

事務局 五時前まで竿を出して
DSC01457.jpg
こんなところ
普通の釣果です。

今年も はじまりました。 がんばりましょう。
スポンサーサイト
事務局解らない事がある
平成28年8月11日(木) 今日は山の日 山の仕事をしている事務局もお休みです。

前回解った事を実践して、鮎師は釣れても釣れなくても川へ行く。
今日の場所はここ 肱川 大川橋左岸
P1070497.jpg

下流 昨年と流れが変わってる。
P1070495.jpg

上流 
P1070496.jpg

おとりは五十崎の養殖場で一匹のみ購入 おとり缶は使わず、引き船に入れブクをセットし現場到着。


引き船と川の水温を比べると、温度差はあるが大丈夫と判断し、そのままつけ込む。

ポイントへ付き、おとりをセットして送り出すと 

力なく中層泳ぎ しまった 水合わせをしっかりすべきだった。
 
なにやってんだ でも

死んではいないのでオモリを付けて鼻を引かないように
やさしく やさしく 泳がせる。

今年の肱川は魚が多くいるので、5分程で一匹目 その後も順調に掛かり始める。

サイズも段々良くなってきた。

1時間程釣ったとき、良型がヒット 

しっかり溜めてていると、 フッ 軽くなった。

水中糸はフロロの03 ハナカン廻りは、1号ワンピース 切れるはずが無い。
不思議に思いながら仕掛けをたぐり寄せると、 

ハナカンも針も付いている。
どういうこと ????

掛かり鮎とおとり鮎が同時に逃げた。
こんな事ってあるの???


しかも
午後から小移動し、良型がヒット 

竿は溜めてなんぼじゃ しっかり溜めてると また フッ 軽くなった。

仕掛けを見ると またまた ハナカンも針も残っている。

一日に2回  

どうして同時にバレるの 
事務局解らなくなりました。

仕掛けはノーマル ハナカンから10cm程上にチビ玉を付けてました。

P1070498.jpg

頭の中を整理して少し考えてみます。











7月24日(日)
平成28年7月24日(日)は、四国ちろりん会の前期大会を仁淀川にて開催予定です。

事務局は前日の23日から仁淀川入りし、車中泊となります。
一人では寂しいので、だれか・・・・・。

本日18日(月) 肱川支流小田川に出かけてました。
ポイントはここ
P1070395.jpg
写真を撮って、着替えようとすると、 あれッ
ベストがない    家に忘れた
なにやってんだ

取りに帰る事も考えたが、この場所を離れると他の釣り人が入ることは間違い無いので、車の道具箱をがさごそ、あった

大アユ用に作ったものの、出番が無くてそのままになっていた 04のフロロ 一セット
大会でもらったバレンとキメラ 

これで何とかなる。

根掛かり、セットばらしで即帰宅 そんな事にならないように祈りながら

4時まで釣って
DSC01315.jpg
頑張りました。
何とかなるもんやね

帰りにすぐ下流で見つけました。
P1070398.jpg
釣果を聞くと、片手は軽く超えてました。
親父 すごいぜ


○りさんと一緒に
平成28年7月2日(土) 今日も肱川支流小田川です。
26日以降にかなり増水したものの、先週と同じくらいの水位まで下がり、場所により何とか竿が出せそう。

今日は、○りさんと一緒
お昼を食べて、○りさんをパパラッチ

P1070379.jpg
立ち姿がかっこいい

P1070382.jpg
ナイスキャッチ

P1070383.jpg
おとりをつけて

P1070385.jpg
すぐに掛けたが、伸されちゃった。

P1070387.jpg
なんとか キャッチ

DSC01265.jpg
○りさん午後からの釣果

おつかれでした
また 遊びましょう。


梅雨の晴れ間
平成28年6月26日(日) 今日の天気予報は晴れ

どの川も増水しているが、 水量と石の色を見に行くだけでもと思い 肱川支流小田川へ出かける。

P1070370.jpg
ここは 無理 

P1070372.jpg
ここも 無理

さらに上流へ
増水後の行きつけポイントへ入る  9時から12時まで 9匹
昨年とは流れが変わっていてなんだか調子が出ない。

さらに 上流へ移動  支流の支流 竿は8.1mで十分
DSC01220.jpg

この場所は初めて  
太陽も顔を出して、良い感じ

3時半まで竿を出して
DSC01224.jpg
広幅のいいやつが掛かりました。

かなりの増水があったようで、川は完全にリセットされています。
新アカが付き始めれば、おもしろくなるでしょう。




 

肱川釣行
平成28年6月11日(土) 愛媛県肱川 大川橋周辺

9時頃到着、今年の肱川は前評判は良かったものの、解禁してみると思ったほど釣れない。

そのためか、仁淀川に例えると黒瀬のようなメッカのこの場所にも、下流に友釣り師が一名いるのみ。

先週 ○野川さんが良かったと言っていた、小田川のとの合流点下流の左岸のを引くが、イリコ鮎一匹のみ

右岸の擁壁のところへ移動
場所はここ
P1070359.jpg
(帰りに道路から撮影 水深がありそうに写ってますがそんなに深くない)

ガジャガジャした白泡の周辺で1時までで19匹

昼食のため車に戻ると、下流の釣り人はお帰りになってました。
DSC01174.jpg


午後からはここ
P1070358.jpg
午前中の少し上流、同じパターンで攻めて、14匹

あまり 良い情報のなかった肱川ですが、ここに来て活性が上がった感じ?

今日は、シマノジャパンカップ仁淀川予選 事務局所用で行けません。
みんな頑張ってるかな?







MY 解禁
サラリーマン事務局 本日解禁でした。

肱川支流小田川
8時15分勤務開始
12時まで  5匹
魚は見えてるけど みんな仲良し 全然追い気なし。

少し移動し
13時から午後の勤務
場所は
P1070351.jpg
15時まで 9匹追加
P1070352.jpg

ストレスの溜まる解禁でした。

帰りに、大川橋のパトロール
P1070356.jpg
今日 ここに入っていた ○野川名人 によると 「鮎は踏みつける程 おる」 でも 掛からん。

明日は、G杯仁淀川予選 今日よりも厳しい事が予想されます。





高水温注意
八月になりました。 暑い日が続いております。  

平成27年8月1日(土) 

肱川支流 小田川上流部へ出かけておりました。

8時前に川に入ると、 水がぬるい  

団四郎 いつものことですけれど おとりは一匹しか持ってません。

いやな 予感

おとりをセットし、ここぞと思うポイントへ入れますが反応なし、

そこで 立て竿にし、ツンツンしていると やっと当たり でも 寄せている途中で もげた

あーーーあ

下流部の本日の本命と考えていた場所へ徒歩で小移動 

ここでも 何の反応も無し

この場所はダメと判断し、車で移動

次の場所は、昨年会員のN村さんが、爆発的な釣果をあげたところ

ここで 1時間程引くも 全く反応無し、おとりは横を向き始めた

このポイントもダメだ 移動

移動の前に引き船の水を水温の低い小谷で入れ替える(ここポイント)

移動先はここ

DSC00922.jpg

足を入れると 少し冷たい

これはいけるかも

おとりをセットし、オモリを付けて ここぞと思うところへ入れる。

すぐに 当たり やった 本日 一匹目 

時間を見ると 11時5分

時間かかり過ぎ

でも 終わってみれば
DSC00927.jpg


G杯延期
G杯仁淀川大会増水により延期

なので 出かけてました。
肱川支流小田川 結構上流のほう
昨年 仲間4人で出かけたところ

DSC00807.jpg


朝の内は水温が低く活性が悪かったのですが、10時を過ぎた頃から徐々に良くなり

DSC00812.jpg

最大で22cm 楽しめました。

でも 鮎の顔つきが昨年と違う  天然遡上ではなく放流された個体のような気がする。
肱川釣行
平成27年6月6日(水)
愛媛県肱川に出かけてました。
場所はここ
DSC00787.jpg
下流にトロ場
DSC00789.jpg
上流に早瀬 
なんだか 良い感じ

でも 午前中 10匹 午後から8匹  
DSC00791.jpg

電話連絡によると、上流に入っていた○藤さん20匹
例年の肱川と比べると少し魚が薄いのかな?と感じました。

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved