無料ホームページ ブログ(blog)
四国ちろりん会ブログトーナメント
四国ちろりん会ブログ
鮎の 釣りクラブ 【 四国ちろりん会 】のブログです
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
後期大会
平成28年10月9日(日) 肱川にて後期大会を開催しました。

前夜の懇親BBQ
P1070550.jpg
P1070554.jpg
P1070555.jpg

ここまでは 良かった

が、

未明の雨により 大増水 

P1070557.jpg

おとり缶複数と活かしカゴを流してしまいました。
事務局も預かっていた釣友のおとり缶を流しました。ゴメンナサイ

でも 大会はやります。
気持ちを切り替え場所移動

P1070561.jpg
P1070563.jpg

8時半から12時までの3時間半 一発勝負
車移動 可

上位3名の釣果がすごすぎ

3位
P1070591.jpg
○藤さん 26匹

2位
P1070592.jpg
○野川さん 30匹
水中糸は04のフロロ 

優勝
P1070593.jpg
○原 会長 43匹 ブッチギリ
前夜の懇親BBQでは、水中糸はフロロしか使わんと公約していたけど、優勝インタビューでは複合を使ったことを暴露

集合写真
P1070566.jpg
おとりを用意してくれた ○りさん ○光さん ありがとう。
また、みんなの日券調達のために奔走してくれた、た○さん 特にありがとう。

参加された皆さんお疲れでした。
今日も居残り者が10名程いるようですが、気をつけて帰ってね。

 
 
スポンサーサイト
前期大会
平成28年7月24日(日) 四国ちろりん会前期大会を土居川にて開催しました。
本来であれば黒瀬を本部として開催する予定でしたが、水量は申し分ないものの、仁淀川本流釣れてない。

そこで やっぱり 土居川 この川は裏切りません。

参加者は20名

7時半おとり配布
DSC01322.jpg

ルール
参加者を2グループに分け、2時間でエリア交代 おとりを含む総釣果で順位を決定する。同数の場合は早掛けにて勝負を付ける。

事務局下流エリア  底バレ2回 空中分解1回 2時間おとり替わらず

それでも 余裕で写真撮影
DSC01329.jpg
谷岡さんを パチリ

事務局上流エリアで少し頑張って 込み8匹

12匹対が3名 3位決定の早掛けを行う。

開始数分で真ん中の方が決める。
P1070427.jpg

上位はこの方達
P1070440.jpg
優勝 大原 孝明さん 込み15匹
2位 吉田 隆次さん 込み13匹
3位 大原 孝さん 込み12匹 早掛け

集合写真
P1070441.jpg
参加された皆さんお疲れでした。

次回は9月18・19日(日・月)後期大会で、軍団杯との同時開催になります。
会員さんの多数の参加をお待ちしております。 (事務局)


 



報知・オーナーカップ
平成28年7月10日(日) 第47回報知アユ釣り選手権・オーナーカップ 仁淀川予選が場所を上八川に変更して開催されました。

参加者は97名
四国ちろりん会からは、サポートで5名、選手で20名が参加

DSC01274.jpg

DSC01268.jpg
エリア地図をみながら、作戦会議中

予選は2時間 各ブロック 5位までが決勝進出(同匹の場合は進出可)

事務局と同じ 第5ブロック のメンバー
DSC01281.jpg

DSC01286.jpg
状況 水量少し多め ニゴリなし 残りアカ十分  後は 太陽が出れば申し分なし。

当会から馬瀬川行きを決めたのは、
DSC01304.jpg
両脇の二人(真ん中の彼も推薦で出場)
左の方は太陽が出ていた決勝戦前半で7匹を掛け、昨年に引き続き見事切符を手に入れました。

皆さんおめでとうございます。
馬瀬川でもその実力を遺憾なく発揮して下さい。

スタッフの皆さん、仁淀川漁協の皆さんお世話になりました。
ダイワ鮎マスターズ2016
平成28年6月19日(日) ダイワ鮎マスターズ2016 四国地区大会に参加してきました。
参加選手は151名(シード3名含む)

四国ちろりん会からは、14名が参加。

DSC01176.jpg

予選は、A・Bグループに分かれ、7時から10時まで、但し10時30分帰着

の 予定でしたが、

雷が発生し、安全を考慮して、9時15分予選終了

DSC01185.jpg
雷雨の中 予選の検量  すごい雨 風でした。

四国ちろりん会から決勝に残ったのは、橋本さん、谷本さん、内山さん、佐藤さん、吉田さんの5名

決勝は11時30分から13時30分までの2時間
当会から西日本ブロック行きを決めたのは、

DSC01214.jpg
この二人、 
お楽しみ抽選会の間にブロック大会の説明を受けてます。

○山さんが釣っていたのは、ここ
DSC01195.jpg
支流から出た、ニゴリの中を釣って15匹 見事優勝です。

参加された皆さんお疲れ様でした。
ダイワさん安田川漁協さんお世話になりました。
ありがとうございました。




G杯仁淀川予選
平成28年6月5日(日) G杯仁淀川予選に参加してました。
参加者は50人くらい
四国ちろりん会からは、5名がエントリー

DSC01153.jpg
黒瀬に集合したものの、ここでの開催は増水の為無理との判断により、場所を支流の土居川へ移して8時から12時までのワンメイクの大会になりました。

DSC01154.jpg
四国ちろりん会のメンバーが一人写ってます。

今年の土居川は昨年とは大違い、とっても厳しいです。
DSC01157.jpg

岡林釣具店の会長の車です。
DSC01156_20160605214108eb3.jpg
釣りを趣味とする事務局は永遠にしあわせ。
平成28年度大会日程
久しぶりの 更新です。

3月13日に役員会を開き、今年の日程を決めました。


H28大会

エントリー忘れの無いよう早めに対応しましょう。
軍団杯
平成27年9月20・21日(日・月) 和歌山県有田川で開催された、闘将村田軍団杯に参加しておりました。

四国ちろりん会からの参加者は、8名(内サポート1名)
DSC01003.jpg

受付の様子
DSC01002.jpg

師匠の挨拶
DSC01005.jpg
相変わらず舌好調
全日本鮎釣チーム選手権にて、ボーズこきました。
今日の3試合で10匹釣れなかった人は、鮎釣り止めなはれ 

試合形式は軍団杯方式 
二日間で5試合を行い釣果に応じてポイントを付与し、上位10位までが、1時間半の決勝を行う。

予選の結果
P1070247.jpg

決勝戦おとり配布
P1070228.jpg

今や全国区 ゆかりちゃんも決勝残ってます。
P1070242.jpg
○ 立ち込まない
○ 無理しない
○ 届かせようとしない
でも
歩く歩く  彼女の移動は半端ない





決勝の結果
P1070255.jpg
有岡さんと瀧澤さんが13匹で同数 早掛けを行い瀧澤さんが優勝

最後はこの方の締め
P1070252.jpg

参加された皆さんお疲れ様でした。
特に本部ちろりん会の方々段取り等大変お世話になりました。
楽しい2日間をありがとうございました。




後期大会
平成27年8月30日(日) 四国ちろりん会 後期大会を開催しました。
場所は、仁淀川本流がニゴリにより使えないため、 やっぱりここしかないでしょう。

土居川

前夜の懇親BBQ
P1070162.jpg
手前の鶏肉が炭になってるよ
仙人さんちゃんと焼いてよ
P1070155.jpg
てっぺん取った只祐くんもカンパイ

明けて30日
参加者は26名 (サポート2名含む)
昨夜からの降雨により、少しニゴリはあるものの、水量に問題はなく開催を決定。

ルールは 一回戦と二回戦の上位5名が決勝を行い総釣果にて順位を決定する。
DSC00969.jpg
おとり配布

DSC00977_20150905212722038.jpg
DSC00981.jpg
一回戦の様子
結構ニゴリが出てます。こんなんで掛かるの?
でも 
心配無用 8時15分から3時間釣って
トップは、14匹 田○宏さん と 高○△広さん
2位は、13匹 工○さん
3位は、12匹 会長と岩○さん

昼食をとり 二回戦
12時15分から2時間
トップは、11匹 橋〇さん
2位は、10匹 ○村さん
3位は、8匹 会長と田〇兄さんと吉○さん

決勝進出者 9名
DSC01000_201509052143344c9.jpg
決勝は1時間半
P1070215.jpg
決勝の様子 ニゴリも取れ 良い感じ

優勝したのは
P1070206.jpg
この方 10匹

2位は
P1070182.jpg
この方 9匹

3位は
P1070200.jpg
この方 8匹

最後に集合写真
P1070188_201509052159148ab.jpg
参加された皆さんおつかれでした。






情熱が花開く
先日行われた ダイワ鮎マスターズにおいて、有岡 只祐くんがてっぺん取りました。

全国大会に9回出場、3位に5回入り、口の悪い仲間からはブロンズコレクターと揶揄されていましたが、ついにやりました。

彼の鮎釣りに対する思いは、非情なものがあります。

まさに、情熱が花開いた感じがいたします。

本当におめでとうございます。

P1060978.jpg
今年の総会の写真
フィッシングハヤシ
平成25年8月9日(日) 
フィッシングハヤシ 2015 親睦友釣り大会 IN仁淀川 が開催されました。

参加者は97名 
DSC00932.jpg

DSC00935.jpg
元プロカメラマン ○平による集合写真 撮影

この大会のすてきなところは
① 飛び賞が充実
  通常の大会だと、優勝 準優勝 3位・・・・と順番に賞金が下がるが、今回は優勝の次に高額なのは 8位、15位・20位・30位が高額となっているところ。
  ということは、ヘタッピな団四郎でも運が良ければ高額商品をいただける。

② 決勝は、黒瀬・柳瀬のトップ同士が30分間で釣果を競うため、上手い人の釣りを身近で見学できるところ。
P1070127.jpg
下流から ○原さん 和○さん 市○さん
写真は無いけど 近○さん

③ 参加費がリーズナブルなところ
  保険代・おとり・弁当お茶・参加賞含めて、3,000円はお得。

④ おとりを前日から会場に運び込んで、水に馴染ませていたところ。
  手間が掛かるがその分おとりが良く泳いだ。


 
ここまで書いて気がついた、フィッシングハヤシの宣伝マンになっているではないか。

ダメ出しもしとこ
① 決勝で同数となった場合の想定ができていなかったところ。
  優勝と準優勝の金額差が大きいだけにジャンケンとは・・・
  早掛けか重量勝負にすれば良かったのかな。

なにはともあれ、お疲れ様でした。
お世話になりました。

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved