無料ホームページ ブログ(blog)
四国ちろりん会ブログ
四国ちろりん会ブログ
鮎の 釣りクラブ 【 四国ちろりん会 】のブログです
201805<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201807
新聞7段抜き
大原会長 報知新聞7段抜き

なに ワリ事したの?

ちがう ちがう

6月1日の仁淀川解禁の記事が報知新聞に載ったの

img012.jpg



img014.jpg
スポンサーサイト
シマノJC
平成30年6月10日(日) シマノジャパンカップ 鮎釣り選手権 中四国A大会が高知(仁淀川)にて開催されました。


事前情報によると、鮎はたくさん見えているものの型は小さくおとりにならないサイズも多いらしい。
黒瀬も厳しいが、柳瀬はもっと厳しいらしい。

ただ、前日の増水から20cm以上減水しており新たなポイントができることにより釣果がどのように変わるのか楽しみなところ。

受付の様子
何時もの顔ぶれが見られます。
四国ちろりん会からは17名が参加
DSC01581.jpg

予選は3時間 
終わってみれば、柳瀬のボーダー14匹 黒瀬のボーダー19匹 事務局の記憶では過去最高のボーダーでしょう。

四国ちろりん会からは、6名が予選通過
P1080213.jpg
トップの釣果もすごいこと

決勝は2時間
〇平さん頑張ってます。
P1080216.jpg

決勝の結果は これまた凄いこと
P1080224.jpg

2時間で30匹? 事務局の一日の釣果じゃないか

P1080227.jpg
セミファイナル西日本大会への切符を手に入れた方々おめでとうございます。
揖保川でもその実力を遺憾なく発揮して下さい。

四国ちろりん会からは2名の方が残りました。

(株)シマノ様、仁淀川漁協の皆様、スタッフの皆様お世話になりました。
ありがとうございました。









解禁情報
四国のほとんどの河川が解禁しました。

事務局に届いた解禁釣果をアップします。
まず 大阪のドン 尾崎さんと〇原会長

1528027077195.jpg
1528027082535.jpg
仁淀川 鉄橋下流でご覧の釣果

次に 〇尾さん
仁淀川 黒瀬 66匹
1528027052525.jpg

次に 中〇さんと田〇さん 
奈半利川 
1528027040003.jpg

次に 〇藤さん
海部川
1528027026924.jpg
こんなサイズを午前中に50匹

太平洋側は、近年に無い好釣果のようです。 が、

瀬戸内側は、さっぱりです。
愛媛県の加茂川は魚が見えません。
肱川、小田川も同様です。

しばらくは、太平洋側へ行くことにしましょう。




第25回総会
平成30年5月20日(日) 第25回 四国ちろりん会 総会を開催しました。
場所は いの町枝川 2ひきの子ぶた
参加者は、24名 委任状 20通
仙人さん谷さん 集金ありがとう
P1080184.jpg

会長挨拶 
今年は30年ぶりの大量遡上。
健康に気をつけて安全に釣りをしましょう。
P1080181.jpg

総会で決まったこと
前期大会 7月8日(日) 仁淀川 予備日7月15日
後期大会 9月16・17日(日・月) 仁淀川 軍団杯とコラボ
       9月15日(土)懇親BBQ
磯釣り大会については有志のみで行い、四国ちろりん会としての開催は行わない。
プリンタが壊れちまったので備品として新しく購入する。

岡田顧問の乾杯
P1080188.jpg


後は 飲み放題
P1080191.jpg
P1080192.jpg

集合写真 今年も掛けまくりましょう。
P1080203.jpg

大崎さん経由で 北越産業さんから頂いたライン
お楽しみ抽選会で使いました。
P1080194.jpg
半分は残していますので、前・後期大会の景品とします。

北越産業さんまことにありがとうございます。


平成30年度 大会日程
久しぶりの更新です。

平成30年3月18日 「2匹の小ぶた」にて役員会を開き今年の日程を決めました。
P1080174.jpg

第25回の総会日程は
平成30年5月20日(日) 夕方6時から
いの町枝川 2匹の小ぶた にて開催します。

平成30年の大会日程です。

P1080179.jpg

今年も始まります。
例年以上の遡上が四国の各河川で確認できております。
楽しみな一年が始まります。

 
後期大会
台風18号の影響により軍団杯が中止となり、このままシーズンを終えるのも少し寂しいことから、平成29年10月8日(日) 好釣果の聞こえてくる、仁淀川にて四国ちろりん会 後期大会を開催しました。

参加者は、会員20名+〇下さん 計21名

前夜のいもたき
仙人さんの手料理
 芋たきに四万十で採ったツガニを入れて、

P1080113_201710100629565b2.jpg



P1080116.jpg

会長自慢の カニそうめんもピリ辛の出汁が絶品

明けて8日
試合形式は軍団杯方式
参加者を4グループに分け、90分の試合を3試合行い、試合ごとに場所とメンバーを入れ替え、ポイント上位8名が60分の決勝戦を行うというもの。
ポイントは 一位 10、二位 8、 三位 6 ・・・ 

P1080123.jpg
密かに連覇を狙う 隆ちゃん

試合場所は 黒瀬上流、黒瀬下流、越知上流、越知下流の4ヶ所
午前中の2試合を終えて、
トップは、20ポイント  〇下さん 
二位は、19ポイント  会長と 〇尾さん
三位は、17ポイント  高〇さんと 谷〇さん

お弁当を食べて 3回戦
黒瀬上・下に別れ4グループ全員が入る。

3回戦は、込み10匹以上が7名 良く釣れています。 トップは、〇島さん 15匹、 二位は 工〇さん 14匹

3回戦で対照的だったのは、会長と隆ちゃん
両名とも試合開始早々にセットばらしをしたものの、隆ちゃんは立ち直り 込み11匹、
一方 会長はそのまま引きずり 釣果無し ポイントゼロ

隆ちゃんの立ち直りを見せたところに成長が伺えます。
会長がそのまま引きずったところに老化が伺えます。

決勝進出者 
P1080147.jpg

決勝は60分 
ここでも良く釣れて、トップは込み10匹 隆ちゃんと高〇さん、三位は〇尾君
優勝者を決めるプレーオフ決定

両者仕掛けをセットし、副会長のホイッスルにより試合開始
高〇さんは本部前の深トロ
P1080142.jpg

隆ちゃんは本部上流の瀬の開きで浅くなっているところ
P1080151.jpg

勝負は早かった
開始 一分もしない内に、高〇さんの竿が大きく曲がり、プレーオフ終了

P1080155.jpg

上位3名 おめでとう
P1080162.jpg

参加された皆さんお疲れ様でした。
P1080132.jpg

協賛品を頂いた 
つりぐの岡林さま ハヤシ釣具さま ありがとうございました。
有岡君も協賛品ありがとうございました。

一日の釣果 
P1080160.jpg
釣り上げた鮎は売り払い、四国ちろりん会の運営費にします。
 





 
泣き尺
平成29年9月16日(土) 昨日の利き鮎会からそのまま高知市泊
台風さえこなければ軍団杯の予定でしたが軍団杯は中止となり、予備放流中の仁淀川へ出かけてました。
出来地の右岸で2時間程竿をだすも、ニゴイとゴリ一匹づつ 

ここではダメと判断し、土居川へ
ポツポツ掛かり、4時まで釣って、いつものように平均釣果 可も無く不可も無く 写真も無く

帰りに、会長実家の前を通過したので、表敬の電話
会長は四万十川へ行っており、もうすぐ実家へ着くところだというので待ち合わせ
釣果を見せてもらう

P1080110.jpg

大きいので30cmジャスト
残念 冷たいけれど 尺はありません。


第20回清流めぐり利き鮎会
平成29年9月15日(金) 利き鮎会に行ってました。
全国より 58河川 2925匹

エントリー河川

準グランプリは
ききあゆ

グランプリは

愛知県 振草川  天竜川水系
おめでとうございます。


事務局 久しぶりに利き鮎に参加しました。
今年で20回を数え、一般受付は、当日にソウルドアウト 高知の9月の年中行事に定着した感があります。
東京から 秋川のエントリーがあったり、北海道の朱太川から町長さんが来られたりと、全国への広がりが感じられました。
鮎が釣れないと嘆くだけでなく、釣り人の立場で続けてきた事が認められて来たのだと思います。

今後も、河川環境を良くするために、釣り人として協力して行きます。







どうしちゃったんだ
平成29年8月12日(土) 愛媛県肱川へでかけました。
本日のポイントは、支流小田川 富中橋下流
DSC01509.jpg
水量     ・・・・・申し分無し 
川の色    ・・・・・新アカ付き始め 特に写真中央の左岸
魚       ・・・・・橋の上から見ると小さい魚が見えている中にまあまあの個体も見えている

でも 追い気の無い感じ

7時30分釣り開始
一匹目  12cm 白っぽい
二匹目  15cm 白っぽい
三匹目  12cm 白っぽい
四匹目  12cm 白っぽい
8時までに4匹 
時速は良い感じだけれども、掛かる魚は白っぽくて追い気ゼロ
その後 本日の本命ポイント 写真中央の左岸を丁寧に引くも、反応なし
下流突き当たりも反応なし
更に下るも反応なし

10時に見切り 場所移動
2ヶ所目
DSC01510.jpg

実はここ、昨日事務局が竿を出した場所
魚は多く見えてて、反応も良く今年の肱川としては〇なところ

でも今日は、魚は見えているものの、追い気の無い感じ
ここでも白っぽい魚を、3匹ほど追加したのみ

12時過ぎに移動 決定
途中で大川橋から見ると、釣り人 ゼロ 

3ヶ所目 ダム筋 
ニゴリはあるが釣りはできそう
魚は踏みつけるくらい ちっちゃいのがうじゃうじゃ

ちっちゃい魚と戯れて
DSC01514.jpg
5時 本日終了
7匹に1匹の確立で良型が混じるも達成感 ゼロ  

本日のまとめ
 小田川 
・場所ムラが激しい。
・魚のいる場所を見つけても追い気がなさそう。
・魚が浮いている感じ。
・昨日釣れたからと今日も釣れるとは限らない。


 ダム筋
・魚は小さいのがたくさんいる。
・七分の一の確率で良型が混じる。
・ちっちゃい魚も少しづつ大きくなっているので、今後に期待。


 

前期大会
平成29年7月16日(日) 四国ちろりん会前期大会を仁淀川黒瀬にて開催しました。

四国ちろりん会としては、数年ぶりの仁淀川本流黒瀬での開催になりました。
情報によると、80匹 とか 3日で200匹とか 信じられないような釣果が聞こえてきます。

この「仁淀川アユ祭り」がいつまで続くか、そこが今回のポイント

P1070994.jpg
前入りのメンバー

参加者は20名 黒瀬を上流・下流に分け、おとり配布と同時にスタート、
10時のハーフタイムでエリア交代、

場所取りのため時間前に交代エリアに入っても良いが、竿は出してはいけない。
前半は水温が低いため厳しい事が予想されるが、後半は水温上昇と共に数が伸びてくると思われる。
この辺の戦略をいかに立てるかが、勝負の分かれ目になりそうな予感。

P1080014.jpg
P1080015.jpg
おとり配布と同時にスタート

おとりは前日入りしていた、工〇さんと加〇さん、〇村さんから買い求めた天然物 
ただし、サイズはまちまち、中には弱った個体もいるかも・・・・。
おとり選びもポイントの一つ

試合中の写真はありません。
以下は検量の写真です。
P1080023.jpg
P1080027.jpg
おとり配布と検量を写真で見るとほとんど変わらない絵になっちゃいました。

結果は10匹以上の方が9名 

優勝は 吉〇さん 18匹
P1080053.jpg
前半戦は、3匹しか釣れなかったものの、エリア交代15分前に下流の瀬肩へ移動し場所を確保。そこで13匹を掛けて優勝。
時間帯を読み、後半掛かると思われる場所への早めの移動、この辺の戦略がトーナメンター吉〇らしいところ。 


二位は、◯尾さん 16匹
P1080058.jpg
彼は、荒瀬が大好き。
オモリを付けて荒瀬の中を巧に泳がせます。


三位は、14匹で ◯辺さんと山◯さん。
プレーオフ 
〇辺さんは上流の瀬肩、山〇さんは下流のトロ場
開始5分程で、山〇さんに当たり、落ち着いて取り込み終了。
P1080064.jpg


後のインタビューで、なぜ 下流のトロ場に入ったのかと尋ねると、後半戦終了間際にその場所に入った時に反応がありまだ釣れると思ったとのこと。 
戦略がピタリと当たった

上位の皆さんは、しっかり戦略を立て、試合を行っていることが良く解った大会でした。
次回の開催は、9月17・18の軍団杯になります。 しっかり戦略を持って臨みましょう
P1080004.jpg
 
















copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved